「【写真特集】梅雨の“顔” あじさい色とりどり 白山神社でまつり」をメモ

標準

【写真特集】梅雨の“顔” あじさい色とりどり 白山神社でまつりをご紹介します。

あじさいと参拝客

気象庁は8日、関東甲信地方の梅雨入りを発表した。梅雨の象徴といえるあじさいも都内の名所で見ごろを迎えている。

色とりどり特設花壇

文京区の白山神社では6月6日から「文京あじさいまつり」が催されている。

あじさいと神社施設

関東地方が梅雨入りした8日は、曇りがちで少し蒸し蒸しした天候。境内に訪れた参拝客らは約30種類3000株という色鮮やかなあじさいを写真に収めるなどして楽しんでいた。

見物する参拝客

川崎市から来たという20代男性は「都内でもあじさいが見られる所を探していた。見たことがない種類もあった。とても癒された」と感想。

さまざまな色

生まれたのが近所の巣鴨という80代夫婦は「初めて来たけど、きれいだねえ」と見入っていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中